初投稿 リカバリー その1

こんにちは。スタッフの鴨藤です。

私の方では備忘録のように、仕事に関わりそうなことを中心に書きたいと思います。

あくまで備忘録になりますので、詳細についてはお答えすることができませんし、正しい情報であるという保証はできません。

気になる方は、成書や論文を参考にして下さい。

 

 

それでは、今日は「リカバリー」についてです。

リカバリーにはさまざまな表現があります。

・精神疾患の破局的な影響を乗り越えて、人生の新しい意味と目的を創り出すこと(Anthony)

・人生を取り戻そうと障がいに挑戦する「過程」が大切だということ、病気や障害がなくなることよりも意義ある人生を実現する「結果」が重要だということ(野中猛)

・リカバリーは過程であり、生き方であり、構えであり、日々の挑戦の仕方である(Deegan)

 

 

 

 

訪問看護としての関り

 
ぽっけの各スタッフの名刺の裏には「地域でその人らしく生活していくことを支援します」と書かれています。

リカバリーは、その人らしく生活をしていくことを意味しているように思います。

・ピアノが得意

・手先が器用

・おしゃべりが好き

・料理が得意

・働きたい

・誰かの役に立ちたい

・勉強好き        などなど

長所に着目しながら、能力を最大限発揮できるような関わりを続けていきたいです。