メリデン版訪問家族支援の紹介

 

こんにちは。スタッフの鴨藤です。

今回は、ぴあクリニックで取り組まれている「メリデン版訪問家族支援」について、簡単にご紹介します。

 

訪問支援を行う中で、利用者さんとご家族がそれぞれに、さまざまな悩み事を抱えているときは少なくありません。

利用者さんとご家族みなさんにどのように働きかければよいのか分からない…と悩みを抱える支援者も少なくないと思います。

 

メリデン版訪問家族支援は、欧米で1970年代から普及している行動療法的家族療法の1つです。

「個別に、主に訪問によって長期間に渡りご本人とご家族を支援し続ける」

「ご本人とご家族がいずれ自分たちの力で困難を乗り越えていけるように、効果的な問題解決や目標達成ができる技術習得の機会を提供する」

「ご本人を含めたご家族がそれぞれの生活を自分らしく生きること」

以上を支援の目的としています。

 

メリデン版訪問家族支援は、ご家族おひとりからでも始められます。

この方法はご家族全員で参加して頂くのが最も効果的ですが、この支援を受けてみたい方がご家族の中におひとりでもいれば、まずおひとりからでも始められる方法です。

 

国内ではエビデンス(根拠)があることがまだ実証されていませんが、イギリスでは効果的な支援と考えられています。

・メリデン版家族支援開始9か月後再発率が、メリデン受講者6%⇔通常外来受診のみ44%

・2年後の再発率が、メリデン受講者17%⇔通常外来受診のみ83%

イギリスでは精神保健医療福祉の標準的な支援の1つとされています。

 

現在ぽっけではメリデン版訪問家族支援実践者はいません。実践者となるには、基礎研修受講やその後のフォローアップの過程を経て実践者になれるようです。

機会があれば…実践者になれるように研修に参加したいなと思っております!

 

次回は最近話題になっており、注目度の高いオープンダイアローグについて、研修会で聴講してきたので報告したいと思います。