メタボ対策にウォーキング!

こんにちは。スタッフの鴨藤です。

私の方では備忘録のように、仕事に関わりそうなことを中心に書きたいと思います。

あくまで備忘録になりますので、詳細についてはお答えすることができませんし、正しい情報という保証はできません。

気になる方は、成書や論文を参考にして下さい。

 

今回のテーマはメタボ対策にウォーキングです!

 

 

「メタボ」という言葉は、皆さんよくご存知だと思います。メタボはメタボリックシンドロームの略称で、代謝異常症候群のことです。 内臓脂肪の蓄積によって、生活習慣病のもととなる、糖尿病や高血圧などが重なり合った状態をいいます。
健康診断で、腹囲が男性85cm、女性90cmを超えると疑いをもたれてしまう、TVコマーシャルなどでも見かけるものです。(実際の判断基準はさまざまです)

精神障がいのある当事者さんは、一般住民と比べてメタボとなっているのが約2倍と報告されています(一般住民20%に対し、精神障がいのある当事者さん40%)。

メタボに関連する原因として、食生活の偏り、運動不足、喫煙などが挙げられます。

 

 

 

この中でも、運動不足は、肥満や糖尿病、高血圧等の生活習慣病から心血管系の疾患のリスクとなることがあります。

運動習慣をつけるために、スポーツ庁ではスニーカー通勤を推奨していると報道があり、「Exercise is a miracle drug:運動は奇跡の薬」と論文の中で表現されているそうです。1日10分でも長く歩くことは、科学的根拠をもって健康に良い、歩く時間を長くすることが達成できれば奇跡の薬にもなりうるとまとめられています。

 

普段の生活から食事と運動に対して心がけたいところです。私も気を付けなければ・・・

 

リカバリーの助けになること

こんにちは。スタッフの鴨藤です。

私の方では備忘録のように、仕事に関わりそうなことを中心に書きたいと思います。

情報元について保証できませんので、成書や論文を参考にして下さいね。

 

 

それでは、今日は、「リカバリーの助けになること」についてです。

リカバリー過程を前回ご紹介しましたが、リカバリーは個人的で独特な過程とされています。(Anthony)

人によっては急に調子が良くなったりすることがあるかもしれませんし、ゆっくりじっくり日々が充実していくこともあるかもしれません。
もちろん、調子が良くなることもあれば、調子を崩してしまうこともあるかもしれません。
なので、個人的で独特な過程と表現されるのだと思います。

 

 

その人らしく生活をしていくことを促進することとして、以下のことが挙げられています。

・身近にお手本となる人がいること
・自分らしい生活ができると信じられること
・信頼できる相談相手がいること
・積極的にチャレンジできること
・手助けを求めることをいとわないこと  などなど

反対に、信頼できる人がいない、お手本がいない、チャレンジできる機会がないといったことになると、可能性が少なくなってしまうかもしれません。

その人らしく生活するため、いろいろなことにチャレンジできるように応援したいですね

 

リカバリー その2

こんにちは。スタッフの鴨藤です。

私の方では備忘録のように、仕事に関わりそうなことを中心に書きたいと思います。

情報元について保証できませんので、成書や論文を参考にして下さいね。

 

 

それでは、今日は前回の続きで「リカバリー過程」についてです。

リカバリーについて、その人らしく生活をしていくことが実現するまでに、過程があるとされています。

その過程は、研究された先生によって表現がさまざまです。

今回はAndresen(2003)のリカバリー過程(段階)についてご紹介します。
難しい言葉のところは読み飛ばして頂いて構いません。(すいません、私もよくわからないところがあります…)

 

 

キーワードになりそうなことが多くありそうですが、今回は「希望」「仲間」を取り上げます。

「希望」は、リカバリー過程についていろいろな表現がある中で、多くの先生が取り入れている言葉です。
○○がしたいという気持ちは、その人らしく生活をしていくうえで、欠かせないエッセンスになっていると思います。

「仲間」は、友人、仕事、遊びなど様々な場面で支えになり、ともに成長し合えるものとして必要な存在ですね♪ 
その人らしく生活をしていくには、私たち支援者以上に仲間の存在が大切なものだと思います。

 

初投稿 リカバリー その1

こんにちは。スタッフの鴨藤です。

私の方では備忘録のように、仕事に関わりそうなことを中心に書きたいと思います。

あくまで備忘録になりますので、詳細についてはお答えすることができませんし、正しい情報であるという保証はできません。

気になる方は、成書や論文を参考にして下さい。

 

 

それでは、今日は「リカバリー」についてです。

リカバリーにはさまざまな表現があります。

・精神疾患の破局的な影響を乗り越えて、人生の新しい意味と目的を創り出すこと(Anthony)

・人生を取り戻そうと障がいに挑戦する「過程」が大切だということ、病気や障害がなくなることよりも意義ある人生を実現する「結果」が重要だということ(野中猛)

・リカバリーは過程であり、生き方であり、構えであり、日々の挑戦の仕方である(Deegan)

 

 

 

 

訪問看護としての関り

 
ぽっけの各スタッフの名刺の裏には「地域でその人らしく生活していくことを支援します」と書かれています。

リカバリーは、その人らしく生活をしていくことを意味しているように思います。

・ピアノが得意

・手先が器用

・おしゃべりが好き

・料理が得意

・働きたい

・誰かの役に立ちたい

・勉強好き        などなど

長所に着目しながら、能力を最大限発揮できるような関わりを続けていきたいです。